ブログ
新着アーカイブ
▼つばさ号とやまびこ号の切り離し
(2011/11/11 14:37)
▼水中ロボットカメラ
(2011/11/11 14:35)
▼雪だぁ。 いよいよ冬仕舞。
(2011/11/15 14:32)
▼恵比寿講
(2011/11/17 14:31)
▼霧氷の花が咲き出しました。
(2011/12/11 14:29)
▼ついに初雪
(2011/12/11 14:27)
▼中の沢温泉西村屋の大岩風呂
(2011/12/12 14:25)

新着コメント
新着コメントはありません

新着トラックバック
新着トラックバックはありません

月山スキー報告
月山の春スキーなどというのは、夢のような話と思っていましたが、
会津若松から月山まで、一般国道で150キロとか。
3時間弱の道のりです。
6月6日(日)、友人に誘われて、いざ月山へ。

駐車場から見た月山スキー場。 
月山(1984m)というより、姥ケ岳(1670m)全体がスキー場なんですね。
それにしても、ひどいコブです。

駐車場付近は雪はありませんが、間もなくペアリフトに向けてざけた雪道を20分ほど歩かされます。
登っていく人が担いでいるのは、スキー、ボード、スノーシューなどこれまた多彩です。
私もなにを着るべきか悩んだすえ、「登山のついでにスキーだ」という格好に落ち着きました。

ペアリフト終点からTバーリフトまで、さらに雪道を登ります。
これは登山だとも言えなくもありません。

これが、Tバーリフト。結構、コツがいるんですよね。
私ともう一人は、リフト終点からずり落ちてしまいました。
別の友人は、1/3位の所でよそ見をして転び、途中下車してしまいました。

雪焼け止めはしっかり塗っていますが、それでも強い日差しです。

Tバーリフト終点から眺めると、まさに雄大な景色です。
朝日連峰が望めます。

中央が大朝日岳(1870m)ですよね。
天気が良いと、飯豊連峰の大日岳も見えるというのですが。

これが春スキーの醍醐味ですね。
冬スキーでは全く考えられないお昼休みです。

ふとよく見ると、ショウジョウバカマがあちこちに咲いています。
こんなに有名な花なのに、実は花を見るのは初めてです。
茶色の葉は、イワカガミでしょうか。
湿原状態でもあり、月山はお花の宝庫というのは合点がいきます。

あのコブだらけのゲレンデの下りに苦戦したのはもちろんのこと。
途中、月山がよく見える「リンゴ温泉」で一風呂。
若松に戻り、集合を掛けて、6人で今シーズンのスキー納会を開催。
骨折もなく、無事、今シーズンのスキーを終えました。


 http://junda.yon.to/step_blog/archive_55.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)会津の淳
コメント
名前
メールアドレス
URL
本文
コメント一覧
トラックバック一覧

カテゴリー
カテゴリ無し(5)
お花(1)
会津の淳(50)
maki(3)

月別アーカイブ
2011年12月(6)
2011年11月(4)
2010年07月(6)
2010年06月(37)
2010年02月(1)
2009年09月(1)
2009年08月(3)
2009年07月(1)