ブログ
新着アーカイブ
▼つばさ号とやまびこ号の切り離し
(2011/11/11 14:37)
▼水中ロボットカメラ
(2011/11/11 14:35)
▼雪だぁ。 いよいよ冬仕舞。
(2011/11/15 14:32)
▼恵比寿講
(2011/11/17 14:31)
▼霧氷の花が咲き出しました。
(2011/12/11 14:29)
▼ついに初雪
(2011/12/11 14:27)
▼中の沢温泉西村屋の大岩風呂
(2011/12/12 14:25)

新着コメント
新着コメントはありません

新着トラックバック
新着トラックバックはありません

安達太良登山紀行@
昨年は、6、7月の土日はいつも雨だったような気がします。
そこで、6月13日(日)、梅雨前の天気を見計らっていざ登山。
会津の山々で最も印象が強いのが、胎内岩からの安達太良登山。
そして、昨年磐梯山で初めて見たイワカガミに再度会いたく、
今回も、沼尻→胎内岩くぐり→鉄山→船明神山→沼尻 コースです。

中央の岩の脇、丸太のかかっているのが、沼尻温泉、中ノ沢温泉の源泉です。
もちろん、今日の帰りは中ノ沢温泉西村屋で一風呂です。
このあたりは、亜硫酸ガスのため、立入禁止となっています。

登山道から胎内岩を眺めます。
落石注意!ですが、山はもともと事故責任。
と言いながらも、こわごわの登山ルートですね。

そして今回の登山目的の、再会したかったイワカガミ。
山上でしか見れないかなと思っていたのに、駐車場(1140m)を出るなり、
もうイワカガミだらけです。

反対斜面の屏風岩。あの岩の上が下山ルートです。
屏風岩に胎内岩、まさに火口を歩いていることを実感。

そして皆さんご承知の胎内岩くぐり。
地震があったらなどと考えるのですが、事実1時間30分後に震度4の地震が来るのですが、
まあ大丈夫だったようです。  それにしても、よくもまあこんな穴があったものです。



胎内岩をくぐりぬけ、振り返ると、よくもまあこんなルートを歩いてきたものです。

そして胎内岩の上のルート。
この胎内岩くぐりで、風景ががらりと変わる様子がたまらないんですね。
岩の上をやや登り気味の登山ルートです。
でも、胎内岩の端を歩いているわけですから、油断は禁物。

「石楠花の塔」付近から見た沼の平。
そして船明神山、屏風岩と続く、帰りのルートです。
何回見ても、すごい景色ですねえ。

鉄山(1709m)頂上です。安達太良山系で一番高い山です。
前回、「くろがねやま」としましたが、「てつざん」が正しいようです。
こちら側からは楽勝です。ここでピストンで戻るというのも一方ですね。
このあたりからは、登山客も多く、騒々しくなってきます。

鉄山の岩にしがみつくように咲く「ミネズオウ」。
吾妻山系の一部とこの鉄山付近に咲くようです。


とても小さな花ですが、群生すると見事です。
「ミネズオウ」って、どう書くのでしょうね。「峰ズ王」などと想像しているのですが。


 http://junda.yon.to/step_blog/archive_52.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)会津の淳
コメント
名前
メールアドレス
URL
本文
コメント一覧
トラックバック一覧

カテゴリー
カテゴリ無し(5)
お花(1)
会津の淳(50)
maki(3)

月別アーカイブ
2011年12月(6)
2011年11月(4)
2010年07月(6)
2010年06月(37)
2010年02月(1)
2009年09月(1)
2009年08月(3)
2009年07月(1)