ブログ
新着アーカイブ
▼つばさ号とやまびこ号の切り離し
(2011/11/11 14:37)
▼水中ロボットカメラ
(2011/11/11 14:35)
▼雪だぁ。 いよいよ冬仕舞。
(2011/11/15 14:32)
▼恵比寿講
(2011/11/17 14:31)
▼霧氷の花が咲き出しました。
(2011/12/11 14:29)
▼ついに初雪
(2011/12/11 14:27)
▼中の沢温泉西村屋の大岩風呂
(2011/12/12 14:25)

新着コメント
新着コメントはありません

新着トラックバック
新着トラックバックはありません

またまた微温湯温泉から
先週は腰痛に苦しみました。
月〜水と3日も休肝日です。
ということで、療養がてら、またまた微温湯温泉に1泊です。



すっかりお馴染みになった、新緑の微温湯(ぬるゆ)温泉です。
秘湯の会の会員でもあります。
風呂は、渡り廊下をわたった左手にあります。



庭に咲く福島県花の根本石楠花(八重ハクサンシャクナゲ)は、今が盛り。
といっても、去年に続き、今年もハズレ年ですね。
一昨年が素晴しかった。



正面の藁葺きの2階が、今回も私の部屋。
「プーさんの部屋がいい」と予約時にリクエストしました。
3階のプーさんのいる部屋は、まだ工事続行中です。



2階が私の部屋。
2階2室と、1階3室が使えるようになったそうです。
元々は、自炊棟だったようですが、少しづつ、少しづつ改築しています。
そんな時間則もいいかも知れません。



湯温31度程度のぬるい湯です。
栃木から来たという相客(昨夜のお客は、私と二人だけ)と、湯に浸かりながら、
腰痛の話なぞペチャクチャ話していたら、あっというまに1時間が過ぎてしまいました。



1時間ほど風呂に浸かり、朝食までの時間を庭のベンチにひっくり返り、新緑を楽しみます。
なんとなくまどろんでいると、「高瀬さ〜ん、朝食で〜す」という若女将の声。



2階の私の部屋からの眺め。
真ん中の水路も、ちょっと温かい水。
地面を掘ると、あちこちで温かい水が湧出するそうです。



窓を開け放して寝転んでいると、気持ちのよい爽やかな風が流れこんできます。
寝転んでみる風景はこんな感じです。



その窓から庭を眺めると、ハクサンシャクナゲが咲き誇っています。
贅沢な初夏の眺め!



夕食は、別室に案内されます。  前回とあまり変わらないですかね。
肉は鴨、味噌味の姫鱒のホイール焼、(私の採ったのより)断然太い磐梯竹の煮付け。
まあ、山小屋と思えば万々歳。 もちろん、自炊も可能です。
風呂上りにビール1本、夕食に熱燗2合を2本頼んで、1泊2食で 12,267円です。



一切経の古いポスターが飾ってありました。
昨年から一切経が噴煙を上げていると騒がれているのですが、
この当時も似たようなところから、噴煙を上げているんですね。 騒ぐほどのこともないのかなあ。



6月21日の地元紙「福島民報」に、微温湯温泉が紹介されています。

ところで、腰痛ですが、さすが腰もびしっとして痛みもなくなりました。
ただ、帰ると昼から友人宅で蕎麦会があったのですが、
夜の8時頃まで飲み歩いたら、また再発してしまいました。
ということで、今晩も休肝日です。

 http://junda.yon.to/step_blog/archive_43.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)会津の淳
コメント
名前
メールアドレス
URL
本文
コメント一覧
トラックバック一覧

カテゴリー
カテゴリ無し(5)
お花(1)
会津の淳(50)
maki(3)

月別アーカイブ
2011年12月(6)
2011年11月(4)
2010年07月(6)
2010年06月(37)
2010年02月(1)
2009年09月(1)
2009年08月(3)
2009年07月(1)